なぜプラセンタを摂取すると献血できないのか

      2016/11/22

プラセンタを摂取すると献血できないのはどうして?

プラセンタはドリンク、サプリメント、注射による摂取が主流です。エイジング効果や疲労回復などが目的で取り入れている人が多いです。
しかしプラセンタを摂取している人は献血ができないそうです。体に良い成分なのにできないのはどこか矛盾していますよね。

献血できないのは一部のプラセンタ摂取者だけ?

プラセンタの成分は「胎盤」。それも馬や豚やヒト由来の胎盤から抽出されたエキスのことです。平成18年10月10日に狂牛病が原因で献血が禁止になりました。しかし、禁止になっているのはヒト由来のプラセンタの摂取者のみです。
 
ヒトプラセンタは注射による摂取でしか認められていません。「ヤコブ病」などの感染症のリスクを少なくするために献血を禁止にしているそうです。
ただ最近ではプラセンタの注射をして献血し、検査をしても感染症の報告は1件もないそうです。
 
人の胎盤は臓器なので少し心配になりますよね。もしかしたら輸血を受けた血液の中になんらかの病原菌が含まれていたらと心配になりますよね。
 
現在の献血では徹底した血液検査をしています。厚生労働省ではプラセンタは認可されている成分です。献血によるリスクはほとんどないといっていいでしょう。

リスクがあるプラセンタ注射よりサプリメントと美容液

プラセンタ注射は効果は抜群ですが、献血できないなどのリスクがあるため私は高濃度でリーズナブルなフラコラのプラセンタを日常的に使っています。

フラコラ・プラセンタ美容液(外側からのケアにはコレ)

フラコラのプラセンタ美容液は安心安全の国産のプラセンタを使用した混じりっけなしのプラセンタエキス100%の美容液でお肌に直接、届くため付けた瞬間からお肌にうるおいを感じました。

プラセンタ原液100%でこのお試し価格は見たことがないので即購入。

惜しげもなく使えるからサプリとWで使用してプラセンタ注射並に肌のキメが整うのを実感しました。

プラセンタ美容液_文字入れ

プラセンタ原液100%美容液が980円(送料無料)で15mlも試せるなんて驚き!

パッケージもかわいくて、何度でも使いたくなるほど虜になりました。

顔だけではなく、胸の周りやひじ・ひざなど気になる箇所を集中的にケアすることでツルツルのお肌を手に入れられちゃいました。

原液100%でもリーズナブルだから気になる箇所にたくさん使えて、効果も抜群!WHITE’stプラセンタエキス原液

フラコラ・プラセンタつぶ(内側からのケアにはコレ)

私の愛飲しているサプリメントはフラコラのプラセンタつぶというものでプラセンタ10,000mg!の他、美容成分アスタキサンチンやセラミドも配合しているので美容マニアにはうれしい成分ばかり。(プラセンタ成分が従来の2倍に)

プラセンタも3粒に10,000mg!も配合され良心的な価格なので我慢せずに毎日摂取することができました。

注射とは違って自宅でケアできて飲み始めて3日目には肌の透明感や明るさが変わり、化粧ノリも全く違って気分も上がっちゃいました。

お試しも送料無料の980円だったから一度試したら手放せない!くらい効果を実感。

プラセンタつぶ文字入れ

高品質なプラセンタなのにリーズナブルな価格なところが続けるポイントですよね。(注射は効果があっても続けるには割高で・・・。)

内側からのケアのおかげでホルモンバランスを整える効果により生理前などのお肌トラブルとも無縁になって素肌美人へももう少しです♪

高濃度で低価格!
継続3日目に大人ニキビが減ったのは1日120円のプラセンタつぶのおかげ♪
WHITE’stプラセンタつぶ袋タイプ

献血で必要な血液とは?

何も不純物が混ざっていない純粋な血液です。食べ物や飲み物だけを摂取している血液とサプリメントや薬の飲んでいる人の血液は違うそうです。なので献血をするときは、ヒトプラセンタを摂取した以外にも様々な規定があるので気をつけましょう。

献血を受けるときに注意すること

ヒトプラセンタを体内に取り入れたら安全性が確認できるまでは献血ができません。摂取した日から何日で献血ができるかなど聞いてください。
この規定は日本赤十字で定められています。
 
プラセンタ以外のサプリメントでは、ビタミン・ミネラル剤を当日服用しても献血はできますが、体調や症状などを知らせないといけません。体調が悪い場合はなんらかの病気が隠れているかもしれないからです。
 
喘息のためにアレルギー薬を服用している場合は症状で決まります。
また、インフルエンザ、A型肝炎、破傷風、肺炎球菌などのワクチンは摂取後24時間は献血できません。
 
おたふく、BCG、B型肝炎は摂取後4週間は献血ができません。
プラセンタに限らず、献血には様々な規約がありますのでプラセンタだけが特別禁止されているというわけではありません。

注射以外のプラセンタは献血できるのでご安心を

プラセンタドリンク、プラセンタサプリ、プラセンタ入り化粧品、内服薬は献血しても心配はありません。できないのは注射だけになります。ですからこわがらずに体に良いプラセンタを積極的に摂取することをおすすめします。
 
昔と違い現在では、高度な医療技術に進歩しています。とくに日本の食品や建物などは基準が細かすぎるほど徹底して検査しておりますのでご安心ください。
 
ただ健康食品だとしても口から摂取するものなので、きちんと成分表を確認することが必要です。今では国産のものが多く出ています。  外国産のものでも安心して飲めるプラセンタはいくらでもありますので商品について不明な点は問い合わせしてみるのもよいでしょう。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。